「矢と歌」

H・W・ロングフェローのこの詩を覚えておきたい。
牧師のつとめのゆえに。

  私は大空に矢を放った
  矢は私の見知らぬ大地に落ちた
  飛び去る矢は余りにも早く
  その行方を追うことはできなかった

  私は大空に向かって歌を唱った
  歌は私の知らぬ大地に消えた
  その歌を追うことができるほど敏感で強力な視力を
  持つ人はいなかった

  幾多の歳月が流れ去り
  一本の樫の木に、折れずにささっている矢を見つけた
  そして、私のあの歌が
  何も変わらずそのまま、
  友の心に宿っていたのを知った

The Arrow and the Song ― H. W. Longfellow

1. I shot an arrow into the air,
It fell to earth, I knew not where;
For, so swiftly it flew, the sight
Could not follow it in its flight.

2. I breathed a song into the air.
It fell to earth I knew not where:
For who has sight so keen and strong,
That it can follow the flight of song?

3. Long, long afterward, in an oak
I found the arrow, still unbroke;
And the song, from beginning to end,
I found again in the heart of a friend.
[PR]
by rev_ushioda | 2007-04-16 19:31 | Comments(0)