「喜びを表す」

娘が短大を卒業したので、謝恩会に出ると、会場は喜び一色。
理事のお話、学長のお話もそっちのけで写真を撮る、お話に興じる。
さて、プログラムは進んで、
「手元の数字を確認ください。抽選を行ないます」。
次々、あたった人が景品を手渡されていった。
1000円の図書券。
3000円の図書券。
5000円の・・・皆、喜びを素直に表している。

いよいよ1等賞。
あたった人は、友達と一緒にワーッと喜んでいる。
だから、飛んで行って景品を受け取るのかと思ったら、取りに行く途中で、何と後ろを振り向き、喜びのポーズをして、友達のカメラにおさまっているのだ。
・・・
その後、ようやく受け取ったと思ったら、今度は、中を見もしないで、また写真。
・・・
司会者から中を披露するよう促されて、ようやく開けた。
ディズニーシーのペア券だった。
当然のことながら、また、飛び上がってキャー!
・・・
当たったというだけで、もらいもしないで、もらっても開けもしないで、ひたすら喜んでいる。何か、妙に面白いシーンだった。

私たちも、

キリストにまだ会っていないのに、信じて日曜日ごと共に集まり、賛美し、喜んでいる。信じる者は、幸いだ。
[PR]
by rev_ushioda | 2007-03-17 14:33 | Comments(0)