「気を遣う」

横浜市の地区センター(YMCAが管理)で子どもクリスマス会があって、牧師を呼んで話をしてもらおう、ということになった。しかし、去年、「牧師」「礼拝」という言葉を使ってしまったらしく、地域の声としてクレームがあったという話をきいた。当然だろう。
それで、今年は礼拝の用語もなし、肩書きもなしで登場することになった。クリスマスだから、当然、聖書の物語をそのまま話すわけで、しかし、そんな話を聞かされた後の「お話」なので、気を遣い、それなりに疲れましたよ・・

それにしても、公的な場で宗教はいけない、というのは健全である。
自治会では、当然の顔して、回覧板に神社の祭礼の案内が挟み込まれてくる。内閣の要人たちは、当然と言って、靖国神社に参拝する。
こちらからひとこと言えば、これは慣習だ、あなたの言うことが理解できない云々と言われる。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-12-11 22:13 | Comments(0)