「自分を振り返ることは」

オウム真理教の松本被告の死刑が確定した翌日の新聞に、朝日新聞の記者が、納得できないものがあると書いていた。死刑によって、稀に見る、特異な「極悪人」「異端者」を社会から葬ることになったのだが、しかし、

「人の命をもて遊んだ集団が私たちの社会の中に生まれ、
育っていたことを、私たちはどれだけ真剣に受け止めようとしただろうか」。

自分にとって不都合なものを闇に葬って、自分は何も変わろうとしない私たち自身の本質を指摘していた。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-10-12 08:38 | Comments(0)