「弔問」

N家を弔問した。亡くなったNさんは教会員のお父さまである関係から、つかず離れずの距離感はあったが、ずいぶん長いおつきあいをさせて戴いた。昔、ご長男が交通事故で亡くなった時は、私が葬儀の司式をさせても戴いた。昨日、葬儀に参列できなかったので、今日の弔問となった。
お話の中で、最後に口にしたいと言われた物は何であったかという話になった。
「魚が大好きだったから、そう言うのかなと思ったら、最後に口にした(のどを通った)牛乳にひたひたに浸したパンだと言ったんですよ。」
点滴で栄養を摂る中で、最後のあの感覚、食べ物がのどを通る感覚をもう一度、と言われたという。好きな食べ物ではなかったのだ。食べ物がのどを通る感覚をもう一度。しかしその願いは果たされなかった。・・私はそこで言葉に詰まってしまった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2017-02-16 19:55 | Comments(0)