「教会の暦に生きる」

年末になると、いろいろなカレンダーが届きます。クリスマスはもとよりですが、復活祭と書かれているものも見られるようになりました。しかし、よく見ると、細かい字でいろいろ書かれているものがあります。「六曜」(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)が書かれたカレンダーは、どの家にも一つや二つは、あるのではないでしょうか。「友引」に葬式・法事を行うと、誰かが死ぬとの迷信があり、友引の日は火葬場を休業する地域は多いのです。建築関係者の大凶日とされる「三隣亡」と書かれているものもありました。大工さんは、その日の仕事は避けるようです。

すると、カレンダーというのは、ただ日を追うためのものでなく、日の巡りに意味を与えようとするものだと分かってきます。教会(キリスト教)のカレンダーでは、日曜日は「主の日」という1週ごとの節目から始まって、1年に「降誕日」「復活日」「聖霊降臨日」という節目を与えて、イエス・キリストの恵みと愛と支配のもとで生きよう、と意味を与えています。

今日という日を、上に書いた「六曜」とか、あるいはほかの迷信的な意味づけで生きていくのか、それとも、キリスト教のカレンダーで人生に意味を与えて生きるのか、大事なことになります。言い方を変えれば、何に支配を受けるのか、です。繰り返しますが、世には、迷信をはじめ、他の思想が組み込まれたカレンダーが、溢れかえっているのです。この世のカレンダーに支配され、縛られて、人間としての自由や意味を失うのではなく、今日というどの日も良い日にしていくのがキリスト者の持っているカレンダーなのです。このような節目のつけ方から、キリスト者は、離れてはいけないのです。

「あなたがたは、いろいろな日、月、時節、年などを守っています。あなたがたのために苦労したのは、無駄になったのではなかったかと、あなたがたのことが心配です。」(ガラテヤの信徒への手紙4章10節)


[PR]
by rev_ushioda | 2016-12-30 11:56 | Comments(0)