「共同宣教試論」

私たち泉教会は、いよいよ20年目の1年間を歩み出します。前任地であるさがみ野教会は、今年、40周年の節目を迎えています。しかし、どちらも共に「教勢の伸び」は思わしくない。そこで私は思うのです。教会は、年数が経てば「盛栄」「発展」していくところなのだろうかと。ビジネス文書にはよくそのように書かれています。その通り、伸びるに越したことはないのですが、実際、盛栄、発展することなく、いつまでも小さな教会ということも、あるのではないでしょうか。
しかし、ここが大事で、小さな教会だからといって、保身的に内固めするのではない。教会の使命は、小さかろうが、大きかろうが、伝道以外ではないのです。小さな教会は小さな教会なりの機動力を生かし、伝道するために、ここに置かれているのです。この視点が抜け落ちると、どうしたら教会を維持できるかといった、せこい話に終始し、炭酸の抜けたコーラのような得体の知れないモノにしかならない。
牧師を招聘する力がないなら「兼牧」(一人の牧師が小さい教会の働きも併せ持つこと)という考え方があります。何とも教会を馬鹿にした言い方だと思います。教会はそんな片手間で出来るような所ではない。
他方、「共同宣教」という言葉があります。力がないなら、地域の教会が共同で宣教を担ったらいいのではないかという考え方です。共同宣教は、限られた人材、限られた経済力で、では、伝道をどうしたらよいかという、前向きの議論の中で生まれてくる言葉である、というところが大事です。力がある教会が、力のない教会を支援する(兼牧する)というような考え方では決してありません。私たちは今、伝道する教会として、そのような伝道する教会の新しい仕組み、枠組みをもって動き始める時を迎えていると思います。

教会が一人の牧師を招こうとして、しかし経済的な能力を持たないなら、方法は少なくとも3つあります。
一つは、他の教会の牧師に、臨時代行を依頼する。つまり、牧会のために一定の時間を割いて来てもらう、いわゆる「兼牧」です。しかし、これは間に合わせ的な形態であって、しかも受ける側は負い目を感じ、この状態を何とかしなければ、というあせりは、どうしても内向きの考え方になります。

一つは、牧師が教会以外で何か仕事を持ち、そこである程度の収入を得ながら教会の働きをする「自給」です。仕事とは、たとえば学校の聖書科で教えるとか、教会の関連事業(英会話教室、塾、幼稚園、介護事業など)での働き、あるいは地域で証しになるような働き(学童保育、NPO、その他)になるでしょうか。

一つは、これは複雑で簡単ではありませんが、いくつかの教会と協力関係を結び、開拓伝道を起こしつつ、地域の複数教会の協力体制で互いの必要をカバーするという方法。開拓伝道に派遣された牧師は、メインとなる教会(牧師を招こうとしている教会)からの謝儀、他の協力教会からの支援、そして塾で教えるなど自給収入で生計を支える。メインとなる教会は専任の牧師ではないものの、協力関係を結んだ牧師により礼拝をまもり、牧会と、小会指導を受けます。この方法の要は、単に受けるだけでなく、他の教会と共に新たな開拓のために牧師を送り出し、「共同宣教」を実現するという視点を持つことにあります。この方法は未知の領域で課題は多いですが、内向きの矢印が外に向かう点で、見える形は「兼牧」と同じようでも意味はまったく違います。

今、泉教会はどの選択が出来るか、小会はその方向性を出すことを当面の優先的課題としています。弱さは他の教会よりも多く持っている教会ですが、だからといってただ受けるだけでなく、私たちも宣教に関わる喜び、期待、を共有する方法を選んで行きたいと思うのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-10-02 17:31 | Comments(0)