「半世紀の感覚」

「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」 ゴシック">48年前の遠方、である。私が初めて教会行った時に、その教会付属幼児園の教師として、その方は仕事をされていた。1年間、教会学校教師会でご一緒した。と言っても、こちらは大学生。教会に初めて行って半年目のことだ。当然、洗礼を受ける前である。信仰を知らない者に教師になってほしいと言われた、当時、T牧師の、良くも悪しくもその度胸はたいしたものである。私はと言えば、いいんですか?とは言ったものの、若気の至り。キリスト者でもないのに教会学校の教師面していた、にきびだらけの大学生であった.
その友は、今も、当時出会ったなつかしい方々の一人として記憶に留めていたのであるが、ある日、友人が自分の教会に、昔、その教会で幼児園教師をしていた人がいる。会いたいと言っている、会いますか? と言うのだ。不思議な巡り合わせと言うが、そういうわけで、48年という遠方から、その方が現れた。当時のことで話は盛り上がるが、目の前には、私よりも10歳年上の、初老のご婦人がいた(昔のままの「お姉さん」というはずは、…ないよね)。当j時、大学生だった私も、今年は牧師定年(規定上の定年)の年である。半世紀という時間の隔たりに、不思議な感覚をおぼえた。




[PR]
by rev_ushioda | 2016-08-08 18:31 | Comments(0)