「子どもを教会に預けよう」

教会の子どもたちのために、初めて一泊のお泊り会が開かれます。これは、一般に夏期学校と言われていますが、初めてのことなので、今年は仮に、このような言い方にしています。
ところで、泉教会は、大きな教会のように子どもたちのための教会学校も、教師会も、ありません。小会(長老たち)が直接、子どもの育成、信仰教育に関わっています。小会では、いつも子どもたち一人一人のことを話しています。大きな教会ほど、一人の奉仕者に任せますが、それが出来ない泉教会は、小会の全員が子どものために祈り、子どもの信仰育成に関わっているのです。子どもにとって、こんなすばらしい教会はないと思っています。長老たちの目は常に子どもたちに注がれ、必要な言葉かけをしているという意味で、他の教会とは違う良さがあります。
そもそも、礼拝を大人と一緒にするというところから始まって、食事も大人と一緒にするのが私たちの教会の特徴です。子どもたちは、大人の目配せの中で成長します。規模が小さいゆえに、また、専任の奉仕者が立てられないゆえに、逆に皆が協力して、すばらしい教会を作っていると思います。足りないところよりも、むしろ良い面に溢れるようになりました。
親である皆さんは、ぜひ、「教会」に信頼して、「教会」に子どもたちの魂を預けきってください。―心配しないで。―中途半端ではなく。すでに過去20年間に皆さんが見てきた通り、子どもを「教会」に預けきるところから、子どもの信仰は芽生え、育ち、飛躍してきました。その飛躍は、今度は、あなたの子どもに起こる番です。

サムエル上2章21、26節「幼子は祭司エリのもとにとどまって、主に仕えた。…すくすくと育ち、主にも人々にも喜ばれる者となった。」



[PR]
by rev_ushioda | 2016-08-07 22:24 | Comments(0)