「説教への反応」

 説教を聞いて、少なくとも、以下の13の反応があります。説教がどの反応を期待しているかは、すぐお分かりと思います。それが、説教の聞き方です。

1.眠気を催し、眠りこける。

2.つまらない話だ。

3.馬耳東風。自分とは関係ない。

4.ほうっておく。

5.あざ笑い、いつかまた聞こう(もう聞かない)、と言う。

6.当惑と興味と半々。

7.実にひどい話だ。だれが、こんな話を聞いていられようかと言って去る。

8.言葉じりをとらえてどうにかしてやろうと思って聞く。

9.説教者をわきへ連れていき、私の理解と違うと言って、いさめる。

10.説教者を始末しようとする。

11.難しい…

12.素直に受け入れ、新しく聖書を読む生活を始める。

13.では、どうしたらよいのかと、尋ねる。

14.今日の説教は私のためであった。みことばによって心が動いた。

ちなみに、1、2、5、12番目は、あの使徒パウロへの反応です(使徒20:9、第2コリント10:10、使徒17:32、同17:11)。また、3、6番目は、洗礼者ヨハネへの反応です(マルコ6:20、ルカ7:3132)。4、13番目は、ペトロへの反応(使徒5:382:37)。7、8、9、10番目は、主イエスへの反応です(ヨハネ6:60、ルカ20:20、マルコ8:32、ルカ4:29)。1114番目は、同じ日に私の説教を聞いた、お二人の人から実際、私が聞いた言葉です。

私は、駆け出しの頃、色々な人の批判も一生懸命聞こうとした時がありましたが、しかし、批判した人はある時、私の説教の聴き手をやめる時が来ました。礼拝においでにならなくなり、私は取り残されたのです。聞き手は、気にいる説教を自由に選ぶことが出来たのです。私は悟りました。私は自分の説教を語り続けるしかないこと、また、そういう聖書の読み方をするしかないことを。以来、人の批判に対して、私は相当に頑固な人間になったと思います。感想なら喜んで聞きますし、また、牧師会のような説教の研鑽を通してなら喜んで自分を変えたいと願いますが、批判に振り回されるのはやめようと心に決めています。そして、上の121314番目の応答をこそ期待し、語り続けてきました。私の説教の聴き手である泉教会の皆さんは、そのことをよく分かって、良い礼拝をささげてくださっています。






[PR]
by rev_ushioda | 2016-06-11 12:43 | Comments(0)