「聖書の自由読み」

こんな話を聞いたことがあります。戦争が終わって、軍人さんが村に帰ってきた、物資が不足している中で、リヤカーがほしい。そうだ、あの人は軍隊で戦闘機を作っていたそうだから、設計は得意だろう。リヤカーを設計してもらって、自分たちで作ろうということになった。出来上がったのですが、ところがどうも具合が悪いのです。村のガタガタ道を走ると、揺れが大きすぎるのです。理由は、ガタガタ道を走るようなリヤカーは、車軸に「遊び」という、いわゆるガタ、余裕を設けなければならないわけです。ところが航空機の設計屋さんだから、そういう「遊び」のことは考えなかったのです。その結果、ガタガタ道に対応できず、乗り心地が悪くなってしまい、使い物にならなくなったというわけです。どんな良いものも、これでは意味を失います。
私は、教会の「設計」にも同じことが言えると思います。人の心は、改めて言うまでもなく、けっこうガタガタ道なのです。そこで聖書の読み方にも、いい意味で「遊び」が必要で、それをなくしまうと、生きにくくなり、人の居場所を奪います。人は教会に集まらなくなります。聖書を読む人がいなくなっては、いくら聖書があっても何の役にも立たない、本末転倒でしょう。
よほど破壊的な読み方でない限り、間違ってはいてもその人の読み方に感心し、「ナルホド、あなたはそう読むか。」と当座は間違いも包含し、読み方の幅の広さを楽しむのが良い。聖書の自由読みを楽しみながら、仲間と出会い、そしてここが大事ですが、聖書の自由読みを楽しむ者が、ついには下に記した聖書の言葉に出会うことが出来、その言葉自身に教えられ、導かれていくのです。私の40年にわたる牧会姿勢は、何の前提も持たず、何によっても支配されず、「遊びという設計」を最大限発揮してみると、そこで聖書から聞こえてくる言葉に教えられ人が変容するということでした。教会はこの世の悪魔的な動きに対しては「教理」を働かせて命をかけて戦いますが、個人個人に対してはまったく違う出会い方が求められています。私は聖書の言葉じたいが人に働くことに信頼していますので、思い違いをした聖書の読み方をする人に出会っても、何も驚きません。あわてて否定もしません。そういうわけですから、泉教会に生きる私たちは、人が聖書に出会う機会を「設計」し、そのような「後方支援」をこそ大事にすればよい(これが疎かであっては何をかいわんやですが)。あとは、聖書の言葉がその人の内にあって働く働きに委ねるのです。
「というのは、神の言葉は生きており、力を発揮し、どんな両刃の剣よりも鋭く、精神と霊、関節と骨髄とを切り離すほどに刺し通して、心の思いや考えを見分けることができるからです。」ヘブライ人への手紙4章12節

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-05-01 21:09 | Comments(0)