「祝 伝道教会設立」

あさひ伝道所は、2016年1月31日、伝道教会設立式を迎えます。伝道教会設立というのは、手続き的には種別変更というもので、意味は、組織自立です。ここで自分たちの中に長老(役員)を立て、その長老が牧師を招聘し、一人前の教会になる、というものです。
伝道教会は、通常、経済的な課題を残すことが多く、その課題をクリアすべく、次の種別変更を目指します。その課題が満たされたら、そこで初めて種別が「教会」になるのです。実は、ここに設立されるあさひ伝道教会は、すでに援助金を受けず、経済的には自立していますので、ここで一気に「教会」となることも出来ましたが、丁寧にステップを踏んで行きたいという牧師の思いがあって、今回のように段階を踏みました。
ところで組織自立(伝道教会設立)とか一人前の教会になる、と言いましたが、その場合「伝道所規定」から考えると、伝道教会は20人の活動会員がいなければならないことになっています。そこで「一人前の教会」の意味は、次のようになります。
第一に、その20人に、責任を持って教会の経済的な課題を考える力があると期待されている、ということです。
第二に、その20人に、責任をもって包括的な組織である「中会」に関わる力があると期待されている、ということです。あさひ伝道教会は次の中会会議に、代議員を送ることになります。
第三に、以上のことを言い換えると、その20人に社会的な責任を果たす力があると期待されている、ということです。教会内だけにとどまらず、教会の外に向かって、「大人」としての言葉と行動を求められます。
20人いれば、いろいろ考える力がある、関わりを持つ力がある、社会的な責任を果たす力がある。まさに成人式を迎えるということです。そして何よりも、設立された小会は、ふさわしい者に洗礼を授けることを承認するという、この上なく厳粛な、しかし、この上なく喜ばしい、神の国の国境を拡げる働きに遣わされることになるのです。
あさひ伝道教会の皆さんの上に、これからの教会の歩みの上に、主イエスさまの祝福をお祈りいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-01-28 22:31 | Comments(0)