「介護の大変さ」

娘がわたしの母のベッドのそばに立ち、車いすに移動させようとしていた時のこと。
ちょっと動かせば、痛い、痛いと言う母の前で、一瞬、動きが止まった。「もう、いや・・」と涙を流している。その娘の姿を見て、ああ、もうこれ以上、わたしの母の介護のために娘に頼ることはやめようと思った。わたしの母である。わたしが最後まで面倒看よう。
日曜日の朝だった。休暇で家にいるという娘に母を頼んで、夫婦で教会に行く直前のことであったが、妻に、あなたは今日は家にいてほしい。そう言って、一人、教会に向かった。妻は、礼拝に来る教会の仲間を迎えられない。わたしはオルガンを弾かなければならない・・ まさか、ね。教会に行き、急ぎ、ヒムプレイヤーをセットした。とにかく、こんな日曜日がこれからも続くのだと思った。ダメ押しするかのように、この日の礼拝は、12人、最少人数だった。
f0086426_0181863.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-11-30 23:55 | Comments(0)