「十字架の道行き」

十字架の道行き 参加者募集!

日  時 8月2日(日)午後2時~3時
場  所 聖心の布教姉妹会 藤沢修道院
テキスト 「十字架の道行き」 山下神父著、ステラコーポレーション刊

カトリック教会には、主イエス・キリストの受けた裁判から十字架の死に至る歩みを、14場面に描いた絵画やレリーフなどが礼拝堂(聖堂)内の壁に掛けてあり、それぞれを「留(りゅう)」英語で「ステーション」といいます。このひとつひとつの「留」を順次たどって、主イエスの受難の道を黙想し、主イエスの苦しみを追体験し、祈りながら移動して行くのが「十字架の道行き」です。このためにたくさんの祈りが生まれ、また、さまざまな小冊子が用意されています。
修道院のような広い場所には、屋外にこの「留」が設けられているところがあって、地形をうまく利用して主イエスの十字架の道行きを再現しています。その場合、最後に復活の場面にしているようです。エルサレムでは、巡礼者は、ピラトの家があった場所から聖墳墓教会まで、本ものの受難の道「ヴィア・ドロローサ」を歩きます。これが十字架の道行きの原点です。
今回、私たちは藤沢にある「聖心(みこころ)の布教姉妹会 藤沢修道院」の庭にある道行きのコースを使わせていただいて、体験的に主イエスの十字架を想起してみたいと思っています。コースは木立の中のゆるやかな斜面にある短いもので、誰でも参加でき、次のようになっています。

第1留  死刑宣告を受ける
第2留  十字架を担う
第3留  倒れる
第4留  母マリアに会う
第5留  キレネのシモンの助けを受ける 
第6留  御顔をぬぐわれる
第7留  再び倒れる
第8留  エルサレムの婦人を慰める
第9留  三度倒れる
第10留 衣をはがされる
第11留 十字架に釘付けにされる
第12留 息を引き取る
第13留 十字架降下
第14留 墓に葬られる

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-07-30 23:15 | Comments(0)