「平和がないのに平和?」

通信販売会社から出ている『通販生活』という雑誌が手元にあります。欲しい生活用品を探していると、次の見出しがありました。
「安倍総理がめざしているのは、いつでも/どこへでも/自衛隊を送り出す ことです。」
―そんなことは絶対にあってはならないことだ、という記事で、元「防衛庁防衛研究所」所長の言葉でした。何気ない生活の中に、重大な危険が迫っていることを感じさせます。
安倍総理は、5月には戦争法案10本近くの審議を始めるそうです。「戦争法案」など、いつの間に準備したのでしょうか。私たちが大型連休だと言っている間に、信じられない速さで、平和と人間性を守る砦である「憲法」が瀕死の状態になっています。憲法を無視し、憲法そっちのけで、解釈次第で、戦争でも何でも出来るようにする、という状況なのです。「戦争のできる国」、すなわち「戦争に巻き込まれる国」になる日が、私たちに急速に迫っています。ここが大事ですが、法律の名のもと、人を殺し、殺される国になる日が近づいているのです。戦争なんて…と言い、選挙にも無関心でいる間に、安倍総理は「いつでも/どこへでも/自衛隊を送り出す」日を作らせているのです。
今「平和」を口にすると、平和のためにこれをするのだ、積極的平和主義だと言われてしまい、だから「戦争法案」が必要だ、と言うのです。平和という言葉がクサビにならない。私たちの中でさえ、「平和? 政治の話はどうも…」と勘違いするくらい、平和という言葉が政治利用されているのです。
その日が来たら、自衛隊員に志願する人は今より減ります。自衛官を辞める人も、出て来るでしょう。そうすると、「徴兵制」です。今の子どもたちが徴兵される日は、そう遠からずやって来ます。これを書いたのは、あの年からこうなったという日が来るからです。その時、子どもたち、孫たちから「父母よ、祖父母よ、その年に何をしたの?」ときかれた時、答を持つためです。

聖書は言います。
エレミヤ書8章11節「彼らは、おとめなるわが民の破滅を/手軽に治療して/平和がないのに『平和、平和』と言う。」
マタイによる福音書5章9節「平和を実現する人々は、幸いである、/その人たちは神の子と呼ばれる。」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-05-01 15:50 | Comments(0)