「犠牲の上に」

灰谷健次郎という児童文学者の作品に『兎の眼』という小説があります。足立先生という小学校の先生が、ハンガーストライキをしている、そこに訪ねてきた子どもたちとの会話が書かれています。「先生、しんどいか」「うん、苦しい」と言いながら、先生は、昔、貧しくてお腹を空かせて、生まれて初めてドロボーした夜のことを話し出します。
子どもたちは先生がドロボーしたと聞いて驚きますが、先生は続けます。「先生はお兄ちゃんと二人でドロボーに入った。怖かったなぁ。先生はドロボーが恐ろしゅうて恐ろしゅうてかなわんかった。だから、四、五回でやめてしもた。」
でも先生のお兄ちゃんはドロボーが平気で、何回も何回もドロボーしたのです。兄弟が七人もいたから、ツバメが餌を運ぶように何回も何回もドロボーした。おまわりさんに何回も捕まりながら、何回もドロボーした。やがて少年院に送られ、そこでお兄ちゃんは死んだのです。ところが、死んだとき、文庫本の『シートン動物記』がボロボロになってポケットに入っていたというのです。そこで、先生は気づいたのです。ドロボーして平気な人間はいない。先生は一生、後悔するような勘違いをしていた。先生はお兄ちゃんの命を食べていたのだ。お兄ちゃんの命を食べて大きくなったんだ、と。

これは児童文学(小説)ですが、この場面で何を言っているかというと、犠牲、ということです。お兄ちゃんが他の兄弟たちの犠牲になって、先生は、そのお兄ちゃんの「命を食べていた」という話をしている。先生は、お兄ちゃんは好きでドロボーしていたのだろうと思っていたのですが、一生、後悔するような勘違いをしていたんだ、と。
人間は、他の人の犠牲を食べて生きているという、命の理解の仕方をこの本は書くのですが、十字架にかけられたイエス・キリストは言われます。「わたしが命のパンである。」一生、後悔するような勘違いをしないようにしたいのです。

「わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない。」(ヨハネによる福音書6章35節)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-03-02 12:16 | Comments(0)