「瀕死の重傷は誰か」

ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。 同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」

これは、ルカによる福音書10章30~37節の引用です。

これを読んで、純粋で正義感溢れる人は、最後の善いサマリア人のようになりたいと思います。「行って、あなたも同じようにしなさい」と言われていますから、それで間違いはありません。
しかし、もう一度読んで、あっと気づく人が出てきます。読み手の私こそ、この瀕死の旅人ではなかったかと。助ける側に自分を置いていましたが、本当は私たちこそ、倒れ込んでいる人なのではないか。そう気づくのです。自分をどこに置くかで、全く違った物語になります。
礼拝人数が少なくなって、私たちの教会は、瀕死の状態です。その礼拝を大事に出来なければ、私たちは瀕死の状態です。仲間が寂しい思いをしていることに気づけなければ、瀕死の状態です。私たちは、道に倒れているのではないでしょうか。
その時、善いサマリア人は、誰か、となります。もちろん、それはイエス・キリストですが、しかしそれは今日初めて礼拝に来た人であるし、1週間の中で教会のためにいろいろな形で援助を差し出してくれた町の人なのです。主イエスは、確かに私たちに近づいて来てくださっているのです。新しい礼拝者として。町の人として。私たちは、今、ここに来ているイエス・キリストを見る目を持ちたいのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-02-23 12:04 | Comments(0)