「何ということか」

「しゅうだんてきじえいけん」 分からない者は切り捨てる今回の「閣議決定」と言う暴走劇の結果、日本は、戦争への舵を切った。「これで戦争から遠ざかった」という首相の説明は、素人でもわかるまったく逆の説明で、集団的自衛権は、戦争に自ら飛び込むことを指す言葉だ。首相の暴走をだれも止められない歯がゆさ。宗教団体を後ろ盾にし、平和政党を自認する連立・公明党は、いずれ苦杯をなめる時が来るだろう。

「閣議決定」と言う暴走。「これはテロだ。」と野党党首が言った言葉が耳に響く。先の特定秘密法にしろ、今日のことにしろ、私たちは何という暗い時代を迎えたことか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-07-02 16:46 | Comments(0)