映画『アオギリにたくして』

映画「アオギリにたくして」を、泉公会堂に観に行った。9条の会で情報を得て、ぜひ、と思いつつ時間のやりくりに困ったが、飛び込んだ。
平和記念公園内にある「被爆アオギリ」の下で、被爆体験を語っていた故・沼田鈴子をモデルにした映画である。広島の原爆投下で被爆した上に片足を失い、婚約者も戦争で亡くした女性教師がたどる生涯を、その妹の目で描いていく。被爆者であることを広島でさえ隠し通さなければならない不条理、悲しみと、そこから這い上がっていく実話であり、よい映画だった。

アオギリについて、

原爆によって、街は一瞬のうちに破壊され、約14万人もの命が奪われた。爆心地から2km以内のほとんどの建物は全焼、樹木も焼き尽くされたが、その中を生き抜いた樹木がある。焼け焦げた樹木から芽吹いたものもあるのだ。そうした被爆二世の樹木は、被爆者に生きる希望を与えた。平和記念公園内には移植された被爆一世のアオギリがあり、その種から育てられた「被爆アオギリ2世」は、今、希望者に配布されている。

YOUTUBE でのプロモーション・ビデオは ここ

f0086426_13313549.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-04-18 13:34 | Comments(0)