「穴から見えるもの」

突然の「突」という漢字は、「穴」と「犬」の2文字から出来ていて、穴から犬が飛び出してくる、つまり、思いがけないところから予期しないものが飛び出してくるという意味だそうです。ですから、「突然」という意味は、時間的な「急に」ということではないのです。そうではなくて、自分たちの常識や予測を覆すように、思わないところに穴があいていて、予期しないものが飛び出してくる。その結果、自分たちの生き方やありようを動かす、そういう出来事を、突然というのです。
聖書の中には、不思議に、この「穴」というのがよく出てきます。ヨセフという人は、兄弟たちのねたみをかって「穴」に投げ込まれました。生き延びはしましたが、次に外国に売り飛ばされる運命が待っていました。エジプトに売られたヨセフに、災難は続きます。主人の誤解でまたまた穴、牢獄に投げ込まれてしまいます。穴から穴に投げ込まれます。そして、紆余曲折の後、エジプトの王宮の責任者になって、飢餓で苦しむ父や兄弟を助けることになるというドラマチックなそのあたりの消息が、旧約聖書に書いてあります。
穴、それは思いがけない災いの場として、聖書によく出てくるのです。しかし、そこで、私たちの予想を突き破るようにして、思わぬ展開を見せる。
穴があくまでは、私たちは自分の頑張りや自分の正しさで毎日が成り立っていると自負しています。そこに突然、穴があいてしまう。計画にも張合いにも穴があいてしまって、どうなっているのだ、と思う。そんな時、穴があくまではわからなかったことが開けてくる、と言うのです。だから、聖書によると、何とかして穴を早くふさいで元のようにしようとあせるのではなく、この穴から何が見えるだろうかと、覗いてみるほどの気持ちになった方が、「突然」という出来事の意味がわかる、というのです。人生のブラックホールは、もう一つのドラマの始まりのようです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-01-11 22:56 | Comments(0)