「クリスマス前後」

連日、ものすごく忙しかった。
クリスマスはどこの教会でも、「祝会」がいくつもある。たくさんの祝会を統合、縮小しようという教会もあると聞いた。私たちの教会では、そういう意味では、アドベント第4主日の礼拝後に行われる「クリスマス祝会」と、イブの「クリスマス礼拝」だけである。「だけである」と書くと、それだけのことになってしまうが、そして実際、23人(内、教会員10人)という小さなクリスマス礼拝であったが、そのためにどれだけの人に一人一人手書きで案内を送ったか。それでも今年は地域にポスティングはしなかったから、まだいいが、洗礼記念日のお祝いのカード、メールも発送する(クリスマスに洗礼を受けたという人が多い)。説教の準備の合間に、プログラム準備から、このようなことのおよそ全部をすることになる。忙しかった。
また、区内全教会が主催する「泉区民クリスマス」がある。ただし、今年は会場を確保できなかったために、内々の「クリスマス合同礼拝」が、あった。内々と言っても、区内全7教会プラス3団体合同の礼拝である。今年は私が実行委員長、当日の司式であったために、何かと気を遣うことになった。はからずも泉区内では史上初めてのカトリック、プロテスタント諸教会合同の記念すべき「クリスマス礼拝」となったのである。
こういうことが終わってみたら、葬式が入った。
教会ではないが、住んでいる地域の「組内」の家だ。私の家は、今のところに70年も住んでいるので、自治会とは別に、昔からの「地親類」つまり「組」というおつきあいがある。葬式があれば、それが自宅ですることになれば時には台所の裏方から家周りのことなど、なにかとお手伝いをすることになっているのだ。最近は斎場ですることになったために、今までのような大騒ぎすることもなくなったが、今回は、会計を任された。その後、親戚ではないが、斎場までお付き合いする。主日の準備が頭の中をめぐる中でのお手伝いであった。
気づけば、明日は今年最後の主日礼拝である。続けて、「元旦礼拝」である。まだまだ・・ 余念なく、礼拝にお仕えしたい。まずはブログで覚悟を記して・・ さあ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-12-28 10:34 | Comments(0)