「クリスチャンですか」

カンバーランド長老教会のスタット宣教師(故人)が、かつてアメリカで大きな手術を受ける時がありました。そのとき事前に医師がこのように訊いてきた、という話を思い出しました。

医 師:「あなたはクリスチャンですか?」

スタット:「はい。」

医 師:「あなたが牧師であることは知っています。日本に宣教師として行ったこともあるそうですが、しかし、あなたはクリスチャンですか?」

スタット:「はい。イエス・キリストを主と信じています。」

医 師:「そうですか、では、大丈夫でしょう。」


クリスチャン(キリスト者)の意味は、イエス・キリストを「主」と信じるところにあります。
矢内原忠雄(1951年から57年まで東京大学総長)の『一日と永遠』という短文があります。(「嘉信」1948年)

われらの一日は永遠の中にあり/また一日の中に永遠がある。
永遠に生きる者の生涯は/怠ることなく、急ぐこともない。
勇敢に戦い、平安にいこいて/臆することなく、窮することもない。
夜は疲れても、朝には力を新にせられ/土曜日には傷ついても、
日曜日にはよみがえる。
ああ楽しいかな、イエスを信ずる者の生涯/それは永遠に生きる者の、
屈託するところなき/歓喜と希望の生涯である。

屈託するところなき/歓喜と希望の生涯! イエスを主と信じる者の、のびやかな、力に溢れた歩みを、私たちは歩ませていただきたいと、年末が近くなって思うのです。私も、皆さんに問うておきましょう。「あなたはクリスチャンですか?」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-12-20 19:52 | キリスト教 | Comments(0)