「初めに戻らなければ」

昔、新聞配達のアルバイトをしていた時のことです。自転車を止めてポストに向かって歩き始めた直後、嫌な予感がして後ろを振り返ったら、その目の前で自転車が新聞の重みで勝手に動き出して、倒れてしまいました。運悪く、そこにドブがあり、悪いことは重なるものです。ドブには水がたまっていて、かなりの新聞がそのドブの中に放り出されてしまいました。これは困ったと思いました。
そしてそのあと、私のしたことを皆さん、想像できますか。そのあとの一軒一軒をまわって、「すみません、こういう訳です」と言って、謝っのです! 店の方では、「潮田の奴、いやに帰りが遅い」という訳で、心配して先輩が見に来たら、私がそんなことしているのですね。「何やってるんだ、こういうことのために、店には余分があるんだ。すぐに戻らなければだめじゃないか!」と、叱られ、呆れられてしまったのでした。ただ真面目に一生懸命やればいいのではない。自分が結び付くところ、戻らなければならない所に戻らなければ、真面目にやっても空しくなってしまうことがあるのです。
聖書の初めに何が書かれているか、ご存知でしょうか。「初めに、神は天地を創造された」これが、聖書の1行目です。「初めに、神は天地を創造された」─ 「初めに」というのは聖書では「大事なこと」という意味で、「本当に大事なこととして、神は天地を創造された」。逆に言えば、天地、そこに生きる人間は、これを造られた創造者(神)と結びついている。これが大事なことだ、というのが聖書の冒頭の言葉なのです。しかし、先ほどの私の失敗のように、人は自分が結び付くところ、戻らなければならないところに戻らないで、ただ一生懸命やろうとしています。結局、何をやっても空しくなっていくのではありませんか。あなたも、あなたの原点である造り主、神に、戻って行ってほしいと、心から思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-10-13 22:47 | Comments(0)