「成年後見人の皆さんの研修」

昨日、成年後見人(行政書士)の皆さんと、研修の時を共にさせていただいた。
私は過去、電話のリスナー研修などの場に出張したことは多いが、行政書士という同じ職業の方々の中での講演は初めてであり、しかも男性が多数を占める60人もの人数の研修というのも初めてで、多少、緊張を強いられる場にお招きいただいたことになる。
他方、後見制度にかかわる数々の研修を十分されてきている行政書士の皆さんにとって、今回のテーマが「傾聴の姿勢」という、いつもとは違う内容であったということであるが、一日のお仕事を終えてからの6時15分にもかかわらず、熱心に集まって来られた。やはり人とかかわるお仕事なので、このテーマに関心があり、期待してやって来られたと思うと、勢い、用意した時間が足らなくなる。カットしながらお話を進めたが、それでもいただいた時間枠2時間半をたっぷり使ってしまい、用意したつもりの質疑応答の時間が、なくなってしまった。
講演後、近くのお店を借り切っての懇親会にもお付き合いさせていただいたが、個人で事業所をお持ちという皆さんにしては和気あいあいの雰囲気で、日頃の良いお付き合いの関係が知れるというもの。いろいろお話を伺い、私としては今回、貴重な経験をさせていただいた。そして、この仕事に携わる皆さんのお働きが実りあるものとなるように、何よりもこの皆さんに支援される被後見人の皆さんの人生の祝福を祈りつつ、皆さんとお別れした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-10-09 22:25 | Comments(0)