「ミッション・サンデー」

中会では、毎年、宣教について考える「ミッション・サンデー」を実施しています。パンフレットを用意して年度ごとのテーマを紹介し、礼拝においては、共同の祈りを共に祈ります。

昨年から、この日に合わせて、「教会」から「伝道所/伝道教会」の礼拝に仲間を送り、交わりを共にしながら、規定で言うところの「教会」にまだ至っていない小さな群れを支援していこう、という取り組みがなされています。今年もそれぞれの「伝道所/伝道教会」に姉妹教会から仲間たちが派遣されていますが、私たち「泉伝道教会」にも、一番近くの希望ヶ丘教会の仲間たちが来てくださっています。差し出された祈りの手を感謝して受け止め、私たちも、「伝道教会」から「教会」(教会員30人以上が目安)になる日を、切に祈り求めたいと思います。

ところで、今日、潮田牧師は千葉県にある市川グレース伝道所に御言葉の説教のために出かけています。潮田牧師は、同伝道所の運営委員であるためです。
パウロは言います。「あなたがたもこのように働いて弱い者を助けるように、また、主イエス御自身が『受けるよりは与える方が幸いである』と言われた言葉を思い出すようにと、わたしはいつも身をもって示してきました。」
受けている間は出かけない、のではないのです。受けつつ、足りなくても出て行くのが私たちなのです。小さな教会が支え合っている姿が、良い証につながれば幸いです。そういえば、アメリカ、ケンタッキー州で佐藤岩雄牧師が開拓伝道している「ルイビル日本語教会」にも、先週、1週間早かったのですが、カンバーランド長老教会の総会(GA)出席のために渡米した4人が訪問し、礼拝を共にしました。どんなにか皆さん、励まされたことでしょうか。さらにブラジルのマッタ・デ・サン・ジョアン伝道教会にも、来月、今後のことの話し合いのために唐澤牧師が訪問することになっています。ブラジルの友たちが日本からの訪問を楽しみにしています。
このようにいろいろな形で信徒、牧師を問わず訪問し合い、励まし合う動きの中に、中会の支援体制がよく現われていて、とてもよいと思います。宣教は、このような動きの中に進展することは、聖書でも、使徒言行録やパウロの手紙が示している通りです。足元はここ、泉教会にしっかり置いて(ここがふらついていてはダメです)、その上で、私たちは助けを必要としている教会(伝道所)のために、積極的に出て行きましょう。中会は、一つの教会として、そのようなことが自由に出来るシステムを持っているのです。

共同の祈り

司 式 者 天地創造の主である神さま、地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面(おもて)を動いていたように、
一  同 聖霊よ、わたしたちに臨んでください。

司 式 者 わたしたちの冷えた心にも、キリストの愛が熱く燃えるために、
一  同 聖霊よ、炎のように来てください。

司 式 者 争いや不正によって荒れ果ててしまった町の空にも、鳥が、自由にはばたくように、
一  同 聖霊よ、鳩のように来てください。

司 式 者 木の枝が激しく揺れ動く嵐の日のように、今、教会を揺り動かして、教会が御言葉(みことば)を力強く語り、証するため、
一  同 聖霊よ、風のように来てください。

司 式 者 「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受け、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」と主イエスは言われます。
一  同 聖霊よ、わたしたちをあなたの証人としてください。

司 式 者 こうして使徒パウロは、「福音を告げ知らせるために、神がわたしたちを召されているのだ」と確信して、トロアスから船出しました。
一  同 わたしたちを、今、宣教のトロアスに立たせてください。

司 式 者 わたしたちは、御言葉を証しする、新たな祈りの道に進み出て行きます。主イエス・キリストの御名によって、
一  同 アーメン。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-06-21 21:02 | Comments(0)