「礼拝の中の結婚の祈り」

明日、礼拝の中で「結婚の祈り」をする。
明日は通常の礼拝であるが、最後の「派遣の言葉、祝福」の直前にそのプログラムを入れ、結婚の祈りが終わったら結婚式で歌われる讃美歌を歌い、一同、派遣されていく、という流れである。

以下、カンバーランド長老教会『礼拝指針』の要約である。

結婚は、役所に届け出る「法的」契約以上のものであると、教会は考えています。聖書によると、結婚は神と人間との関係になぞらえられています。つまり結婚は、神がそうされたように、自分を相手に与えることです。また、非利己的な愛をもって相手を愛することです。そのような意味を知るために、結婚しようとする二人は、結婚準備会を大事にするように、教会は勧めています。準備会では、次のようなことが話されます。二人が、結婚をどのように考えているか、結婚へ臨む姿勢、イエス・キリストおよび教会との関係、結婚への情緒的、経済的適性などです。
カンバ-ランド長老教会は、結婚式を礼拝と考えています。つまり、礼拝で行われる要素(聖書朗読、説教、賛美、祈りなど)はすべて結婚式にも当てはまるのです。結婚式において出席者は皆、礼拝に参加するのです。実際、結婚式が通常の主日礼拝の中で、または直後に行われるのは、事柄にふさわしいことです。

誓約の言葉は、以下のようになります。二人はこれに、聖霊の助けによって、「はい」と答えるのです。

夫となる者へ
(    )、あなたは(    )と結婚し、その夫になろうとしています。あなたは(    )が、あなたの妻になることを信実に願い、この結婚が神さまの導きであると信じています。
そこで、わたしはあなたに、誠実に言い表すことを勧めます。あなたは、聖書から教えられることを心にとめ、常にキリストに対する畏れをもって、夫としての道を尽くし、主にあるパートナーに仕え、健やかなときも、病むときも、(    )を自分自身のように愛しますか。

妻となる者へ
(    )、あなたは(    )と結婚し、その妻になろうとしています。あなたは(    )が、あなたの夫になることを信実に願い、この結婚が神さまの導きであると信じています。
そこで、わたしはあなたに、誠実に言い表すことを勧めます。あなたは、聖書から教えられることを心にとめ、常にキリストに対する畏れをもって、妻としての道を尽くし、主にあるパートナーに仕え、健やかなときも、病むときも、(    )を自分自身のように愛しますか。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-06-15 16:50 | Comments(0)