「中山道5日目 高宮宿~醒ヶ井宿 山間の道」

今回の旅の二日目は、高宮~鳥居本~番場~醒ヶ井という4つの宿を通る。途中、中山道最初の峠「摺針(すりはり)峠」がある。

高宮宿

高宮宿は中山道第二の宿と言うが、あっという間に通り過ぎた感じだ。確かに街道にそびえる高さ11メートルの石作りの大鳥居(1634年築)や、提灯を売る店など、多賀大社のおひざ元らしさは感じたが、あっという間だった。やがて新幹線が右手に迫ってきてガードをくぐると、名神高速道路が目に飛び込んでくる。その隙間の道が中山道だ。現代の高速の2本の道と、昔の徒歩の道との不釣り合いがまた何とも妙な感じである。小野小町の出生地というのが、ここにあった。ここからの鳥居本宿の町並みはすばらしかった。約1.1キロ、直線でずっと続く。ここの名産の一つが、合羽であった。今でも、軒先に合羽形の看板を見かけたが、言うまでもなく合羽は、ビニールに押されて今は製造していない。この直線の宿の突き当りに、「赤玉神教丸」(おなかの薬)を売るおおきな店があった。今も営業している。買って帰ろうと思ったが、富山の薬箱にあったことを思いだして、買わずに通過した。
やがて北国街道との分岐に差し掛かる。中山道はここから右に折れ、摺針峠に向かう。番場宿までの1時間半は、道路は舗装されてはいても、家が何もない。途中から、名神高速と並行する。これから先ずっと、関が原辺りまで、この高速道路の横を歩き続ける。ということは、昔も今もそこしか道を通せない「山間」ということを意味するわけで、夕べから今朝まで降っていた雨に濡れた新緑が美しい。

番場宿

番場宿は、蓮花寺が心に残る。1333年、680年前、鎌倉幕府が滅んだ年、京都出張所(六波羅探題)の役人とその家族が京都を脱出した後、敵に包囲され、ついにこの寺で北条仲時以下430人もの人が自刃した。鎌倉幕府は150年続き、権勢を誇り、各地に「かまくらみち」という権力の道が敷設されたが、人の支配のむなしさを物語っている。

「天地は亡びるが、わたしの言葉は決して滅びない。」マタイ24章35節
「信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。」コリントの信徒への手紙第一 13章13節

写真は 「3本の道」。名神高速道路【左)と東海道新幹線(右)に挟まれた中山道(小野小町塚にて)
f0086426_22235944.jpg


f0086426_22242287.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-04-30 22:31 | Comments(0)