「気が進まないこと」

某委員会で、委員長に指名?されて、出席するように言われたのが、「世界改革派共同体 WCRC」の総幹事来日に当たっての歓迎会みたいな小さな集まりである。気乗りがしないと辞退しようとしたら、潮田先生が作った「日本中会 中長期計画」に含まれていることなんですよ、とおしかりをいただいた。帰宅して確認したら、確かに、2007年に作った中長期計画に記載されている。時の議長は私である。
よく見たら、その解説文は私が書いたものではなく、今回、私に出席を指名したA委員長の文章である。なるほどなあ、と思うところがあった。私たちは、実はあまりよく事情が分からないというか、趣旨は了解するがそれをするのは自分ではないだろうという思いのまま、一つのことを承認することがあるのだ。そして、それが後日、このような形で責任を引き受けなければならないことになる。
さっそくネット上で日本語で書かれたこの関係の記事を探したが、日本語では何と記事の少ないことか。勉強して予備知識を持とうとしたが、ネットでは詳細、入手できなかった。いくらオブザーバーの立場ではあると言われても、少なくともゲストを迎える一人として出席するのだから、私の中に文脈を構築するため、何かの方法を講じなければならないだろう。

海外のゲストの接待は、言葉だけの問題だけではなく、神学的な文脈が貧弱な私にとって、最も苦痛とする事柄のひとつである。今まで極力逃げ回ってきたが、まだまだ、思わぬ出来事が訪れるものだ。しかし、ここは、あの時の責任を引き受けて、潔く出席しなければならないだろう・・胃潰瘍とかウツにならないよう、主よ、おまもりを・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
Commented by ミリアム at 2013-03-26 19:06 x
I know how you feel・・・.

The LORD will keep you from all harm - he will watch
over your life; the LORD will watch over your coming
and going both now and forevermore. (PSALM121:7-8)

ああ、しんど・・・。
Commented by rev_ushioda at 2013-03-29 10:35
英語、勉強させてもらいました。が、今からでは間に合わない・・
Commented by at 2013-04-04 22:01 x
すみません。悪代官のようなAであります。が、しかし、このような機会でもないと出会うことのまずないであろう方々と顔を合わせ、ガーナ人総幹事のセトリ・ニヨミ牧師の話をきくだけでも価値はあると思うのです。あまり難しく考えず、改革派のワールド・コミュニオンって何やってるのかちょっと聞いたろ、ぐらいの好奇心で出てくだされば、と思います。それでも、そこにオブザーバー参加の委員がいるのといないのとでは、大きな違いになります。中長期計画の中で、エキュメニカルな性格を持つ活動は多くありません。人のつながりを作ってきてくだされば感謝です。 Take it easy and enjoy meeting new people!
Commented by rev_ushioda at 2013-04-05 19:31
はい。知らないものを知ってるように見せようとするから大変になるので、知らないから教えてという心持ちで、楽しんできます。
by rev_ushioda | 2013-03-26 09:41 | Comments(4)