「中山道を東海道線が走る不思議」

旧街道を歩く旅も、東海道を「江戸」から「京」まで行ったので、今度は中山道を西から東に向けて歩き始めた。前回1月は、東海道との分岐「草津」から「愛知川」までだった。さて、次回をいつにしようか、ホテルの予約をどこにとろうか、一日の歩行時間や鉄道との接続を考えながら3日間のコースを考える。こういう行程作りから何とも楽しく、リフレッシュする時になる。

前回のコースを振り返りながら、そういえばと思ったことがある。

中山道を歩いているのに、その道の横を、東海道線や東海道新幹線が通っている。その時は(私は東海道線に慣れているので)何とも思わなかったが、今思うと、歩いているのは中山道なのに、なぜ、東海道線が通っているのか?
そういえば、東海道を歩いた時も、宮宿(名古屋)で東海道線と分かれ、旧東海道(と国道1号線)は伊勢国(三重県)桑名に向かい、一方、東海道線と東海道新幹線はと言えば、岐阜、米原方面に向かっていた。私たちは東海道を歩いているのに、再び「東海道線」を見たのは、はるか先の草津であった。
神奈川に住んでいる人間は、東海道線が途中どこを通ろうが関係ないのだ。「わが道」すべて東海道だと思っていたが、中山道に立ってそこから見ると、なぜここを「東海道線」が通るのか、と文句を言いたくなる・・かどうかはわからないが、不思議なことではないだろうか。改めて、自分中心に物事を考えていて何の不思議も感じなかったが、その場、その土地に立ってみて、初めて、不思議と感じることがあるのだと思った。そういう意味では私たちは気づかないところで、人が何を思おうがお構いなし、中山道を東海道にしてしまっても疑問も感じず、わが道を当然として、いかに横柄にふるまっていることだろうか。

さて、上の問いに答えているサイトを見つけた。(→ 「岐阜の東海道線あれこれ」)。なぜ、こうなったのか、このサイトに詳細が記述されている。東海道は名古屋から急に東海道を離れ、岐阜から西は、もう「中山道瀬」である。それは、まだ東海道線がなかった時、すでに各地で鉄道敷設が進んでいて、東海道線を全線をつなげようというときになって、すでに出来上がった線路を使うために名古屋から北上、岐阜に向かったのだ、という説明に、目からうろこ、である。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
[PR]
Commented by Nao at 2013-04-07 22:59 x
少しの間ここに来るのをおサボリしていたので、例の場所での話を「初耳」として聞いていましたよ~。
…でも、それはそれで良かったのかなぁ?(笑)
Commented by rev_ushioda at 2013-04-09 18:04
はい。それはそれで予備知識なく(笑)、よかったです。
by rev_ushioda | 2013-03-18 14:40 | Comments(2)