「映画 渡されたバトン」

今日、なかわだ9条の会で懇親会が開かれた。高齢の皆さんが多い。ということは戦中を生きてこられた方々で、お話の端々に「戦争は嫌です」と言われる証言の重みがある。こういう方々の声を聞くことができるうちに聞いておかないと、いけない。そういう意味では、今後10年が大事な時になるだろう。
懇親会では、今回は南相馬から放射能の被害を逃れてこられたTさんのお話を聞いた。避難先がたまたま泉区だったことで、出会った方である。御主人はなお現地にとどまっておられるとのこと。避難準備区域という得体のしれない土地にとどまる思いは、いかばかりか。Tさんは、あの3月11日直後のことを中心に話されたが、聞きながら、安全神話を作り、情報を市民には何も伝えない国の体質こそ、末恐ろしいものだと感じた。あの日、職員の家族だけが、バスを何台も連ねて土地を離れていったという。しかし、地元には何も伝えられなかった。御主人は行政にかかわる立場から、しかし情報は何もないまま現場に赴いたところ、遺体を目にしても手を触れてはいけないと言われた。意味が分からなかった。1年後、そこに行ったら、白骨化していたこと。これが日本なのだと思ったら、涙が出た。

おりしも、映画 「渡されたバトン  ~さよなら原発~」が近くに上映されることに気づいた。ここに案内を載せておこう。「日本の青空」シリーズの第3弾である。

以下、制作委員会のホームページから、そのまま転載する。

昨年 3月11日に発生した東日本大震災。
あまりにも多くの尊い命と生活が奪われ、いまだ多くの被災者が不自由な生活を余儀なくされています。
とりわけ、東京電力福島第一原発の大事故は海と大地と空に放射能を撒き散らし、多くの人々が被曝を強いられ、いまだ収束しない原発は、福島をはじめ放射能に苦しめられ家族が引き裂かれる過酷な現実、いのちへの脅威をあたえ続けています。

私たちは「日本の青空」「いのちの山河~日本の青空Ⅱ」の製作・上映運動を全国の皆様と展開してまいりました。そして「日本の青空Ⅲ」を企画しようという矢先、この原発事故がおきました。
原子力発電所の‘爆発’‘メルトダウン’という未曾有の大惨事、「安全神話」の崩壊にも関わらず政府や電力会社は本当の情報を流そうとしません。その顔色を伺いながらのマスコミ報道も、さらなる放射能被害を拡大させています。
いったい、“いのち”より優先させるものがあってよいのでしょうか?

この状況に、私たちにしかつくれない原発の是非を問える劇映画を企画製作しようと決意しました。

本映画は、全国で初めて住民投票で「原発建設NO!」を選択した新潟県巻町(現新潟市)が舞台です。投票率88.3%。推進派も反対派もみんなで投票した住民投票がなぜ実現できたのか。
史実に基づき、巻町民の住民投票に至るまでの紆余曲折、波乱に満ちた様々なドラマを、ある家族の視点を中心に描いていきます。

この小さな地震国に原発が54基。世界は脱原発に急速に向かっています。‘映画の力’が原発の是非を問う運動や問題を考える一助となることと信じ、あきらめず、ご賛同、ご協力いただける皆様と共に、希望をもって原発のない平和な未来を残しましょう!


映画 「渡されたバトン  ~さよなら原発~」 
( ↑ クリックしてください)

6月14日(金) 二俣川 サンハート・ホール
上映時間 ①10:00 ②14:00 ③19:00


f0086426_15511028.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2013-01-22 10:05 | Comments(0)