「思索に欠けた1年」

今年は、思いがけない神経痛に5か月間悩まされ、その後、中会のことでも大きなことがあって4か月間対応に追われ、気がつけばブログも更新が滞り、決まった内容(電話メッセージ、牧会のはなし)しか、書くことができなかった。いや、書いたのではなく、ただ、転載しただけであった。
ブログを書けないということは、それだけ思索ができなかったということにも通じる。ブログは、たとえつまらないことを書くにしても、そのような「余裕」は、思索のバロメータである。それがなかったという1年であった。1月7日で62歳。少なくとも70歳まで、あと、まる9年は頑張りたい。しかし、このようなブログも書けないようでは、(そして趣味の旧街道をこの1年、1回も旅することができなかったが、そんなことでは)先が知れている。ここにきて枯渇しないよう、1月7~9日、自分への誕生日プレゼントとして、ここは中山道の歩きはじめを「宣言」しておこう。その週の祈祷会、聖書会をお休みしてでも(ミナサン、ゴメンナサイ)、確保しなければならない大事な意味があると思っている。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
Commented by ミリアム at 2012-12-26 11:45 x
文字にすれば、思索はより深まるかもしれませんね。

ただ、思索無くして礼拝説教はできるでしょうか。
先生の思索は、今年必要にして十分でいらしたのです。

「わたしは弱いときにこそ強い」
汝、弱くあれ。
私はいつも高慢な自分に言い聞かせています。

中山道紀行を楽しみにしております。
どうぞお気をつけて行ってらしてください!
Commented by rev_ushioda at 2012-12-29 20:30
ありがとうございます。
「思索無くして礼拝説教はできるでしょうか。」
名言をいただきました。
Commented by ミリアム at 2012-12-30 21:45 x
し、しまった・・・。
今年最後の「迷言」ということで
お赦しを(滝汗・・・)
by rev_ushioda | 2012-12-25 23:18 | Comments(3)