「婚約式」

結婚しようとする者は、まず、牧師に相談します。そして結婚準備会を重ね、婚約式をすることになります。

なぜ、婚約式を行うのでしょうか。それは、社会の中にふたりの関係を明らかにするためです。明らかにするということは、これから始まる結婚に責任を持つ、という表明でもあります。何ヶ月かすれば、ふたりは結婚するでしょうが、結婚とは、ふたりが一つになって親族やお互いの関係者に対して、そして社会に対して責任を果たして行くことです。そういう表明をしたふたりに対してこそ、周りの人は誠実にアドバイスし、また、祈ることができるのです。

聖書は結婚について、「父母を離れ」と言います。そうであれば、婚約期間は、離れる訓練の時です。物理的にではありません。親から、家から精神的に離れることができるか、ということです。一つの新しい家庭を作ろうという時に、親に依存せず、独り立ちできるのかが大事です。夫婦は、何より一番大切なものを共有する単位です。今まで親子の間にあった安心感、喜び、悲しみの時の慰め、これらはみな、夫婦の中でこそ育てられ、成長して行くことになります。それができないと、夫婦はいつまでもひとつになれません。婚約期間は、離れる訓練の時です。

聖書はまた、「結ばれ、ふたりは一体となる」と言います。婚約は、結び合う訓練の時です。もともと別個の人格が、結婚によって一体となるのです。だから、この期間で大事なのは、まずお互いの違いを数えること。結婚を目指しているから二人は同じだと思ったら、そこに落とし穴があります。同じ面よりも、違う面のほうがはるかに多いのです。違う生育歴、違う考え方や感じ方、ぺースの取り方があります。まず、二人は違うのだということを肝に銘じなければなりません。それを受け止める訓練を、結婚準備会で、そして婚約期間にしていきます。違うものを受け止めるという、この作業をおろそかにすると、取り返しのつかないことになりかねません。

その上で、「なぜこの人と一緒になるのか」という十分な理解を持つことが大事です。好きだから一緒になるというのでは、だめです。なぜなら、好きだからというのは、好きでなくなった時、あるいは、お互いに嫌なところが見えてきた時、結婚の理由がなくなってしまいます。「なぜこの人と一緒になるのか」、準備期間に考えていくことになります。

婚約は、「式」の準備のときではありません。「父母を離れ」「結ばれ、ふたりは一体となる」という「結婚」の準備の時なのです。準備ができるというのは、大人のすることです。婚約期間を大事にしていきましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-11-19 20:30 | Comments(0)