「無に等しい者」

聖書の中に、「神は…世の無に等しい者…を選ばれた」という言葉があります。「無に等しい者」というのは、「無価値」「役立たず」の者という意味です。しかし、「神は…世の無に等しい者…を選ばれた」というのです。
私たちは、誰も皆、人から「無価値な者」つまり「役立たず」と言われたくないし、思われたくないのです。それで無意識のうちに、職場や地域、人間関係のあるところではどこでも、自分は役立たずではない、と演出しているのです。人に少し背伸びして見せている、ということです。表で知らず知らず背伸びしているから、だから内側で疲れてしまうのです。

「ホルモン焼き」という赤ちょうちんを見たことがあるでしょう。どんなものを焼くか、ご存知ですか。ホル(捨てる)モン(物)、つまり牛や豚の内臓は捨てられていましたが、焼いて食べてみたらおいしかったので、大阪の一杯飲み屋で売ったところ、全国に広がったそうです。ゴミとしか考えられていなかったものに特別な使い道が発見されて、一度に宝に変身したのです。

話を戻しますが、「世の無に等しい者…を選ばれた」方がいると、聖書は言っているのです。私たちがたとえ「無価値」「役立たず」と人から言われ、落ちこんでしまっても、その全存在、ありのままを受け止めてくれる方がある、と言うのです。それが、聖書が私たちに紹介している、神という方なのです。神は、「世の無に等しい者」をあえて選んでしまわれる。その人に固有の、人間としての値打ちを見られる。神は、こうして、どの人も明日に向けて力強く生かすことがおできになる。まことにダイナミックな方なのです。
神さまは、一人一人に価値を見出し、生きる意味を与え、その人に一番合った役割を与えて、今日もこの世に生かしていてくださる方なのです。私は、あなたにそのような方と出会っていただきたいと思っています。あなたが私たちの教会をお訪ねくださるのを心からお待ちしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-10-09 23:59 | Comments(0)