「戸塚から大山道に その4」

昨日、教会では15周年記念礼拝をささげた。妻は昼食の準備で奮闘し、今日はずいぶん疲れていたようだが、大山でお昼にそばでも食べようと誘ったら、めずらしく行く気になってくれた。そういうわけで、きょうは妻と二人で下粕屋から出発となった。

言うまでもなく、神経痛後のリハビリ継続である。実は、多少ぎこちなさが残っているので、この「リハビリ」は、忙しくても最優先しているテーマである。
さて、結果は、1時間ほど歩いてリタイア、伊勢原駅前の食道での昼食となった。台風一過、久しぶりの暑さの中でもあったが、カメラを忘れて、では携帯のカメラで撮ろうとなったが妻の携帯は使い方が分からず、私のはメモリ不足とか何とか・・・そんなことをやりながら歩いていたので昼になり、時間は「食って」、そばは「食いそびれ」た。(写真は、結局、妻の携帯に2枚は撮れていたが)。

下粕屋からすぐ東海大学病院の巨大な建物の脇を通り、正門前を通過する。果樹園の中を歩く。まだ団地などはあるが、そこを過ぎ、東名高速の下をくぐると、用水路の流れが急で、ゆるやかな上り坂になっていることに気づいた。正面は大山の山容が迫ってきたのを見ると、この辺りから山間に入っているのだ。例によって至るところに石の道標があるが、石とはいえ、どの道標も次第に欠けて来て文字は読み辛い。やがて伊勢原から上ってくるバス道に出る。あとはこのバス道を歩く。
大山は目の前だが、きょうの目標であるバスの終点までは、まだ1時間は歩くだろう。一人だったら、行ってしまったかも知れない。あなかがすいた、疲れたという声が聞こえたので、ここは無理せず、途中までとした。

地元の人たちが大山道を意識して機関紙を発行、張り出していた。この掲示板の後ろには「休憩所」のような手作り施設もあったが、地元の人が数人、話の花を咲かせていたので、立ち寄らず、通過。また、次の写真のような案内が、この近辺から随所に張り出されていて、分かりにくい分岐も、間違いが避けられて有難かった。
f0086426_22473313.jpg
f0086426_22474983.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-10-01 22:48 | Comments(0)