「15周年、ここから始まり」

泉教会は、15周年を迎えました。

「自分は15年前を知らない。どのように15周年を祝えばよいのか」と思う人もいるかも知れません。その通りです。しかし、私たちはむしろ、今、ここから、先を見ることが大事なのではないかと思います。節目に際して過去の歴史を振り返ることはもちろん大事ですから、それはしっかりと記録しつつ、先を見て、そのずっと先から、今を振り返る。すると、そこに私たちがいるのです。私たちは、今、ここから、これから先の5年、10年、15年・・・を作っていく大切な仲間だということが、大事なのです。
そういう意味では、ここからがスタートです。スタート地点に、私たちがいるのです。たまたまいる、ということではありません。教会のかしらである主から招かれて、ここにいるのです。これからの教会のために、私たちが必要とされているのです。15周年の節目に立ち合ったということは、そういう招きを受けているということなのです。

はっきり言ってしまえば、泉教会は、めずらしく体力のない教会です。教会員は報告によれば活動会員26人がいますが、小中学生も含まれています。高齢化もあります。事情により転出が続き、事情により教会に来れなくなる人が続き、礼拝人数はぐっと少なくなっています。長老に選出できる人がいないため、小会は何とか必要最少人数を維持している状態です。決して整った状態で、力強く15周年を迎えたわけではないのです。
そう考えると、今、ここからがスタートだという気がします。何もない状態から、始めるのです。そう考えることができるのです。
私たちは、自分で決めてここに来た、自分で礼拝の場所をここに決めたと思っています。しかし、主によって招かれて、だからここで礼拝をまもる者とされた、そのように考えるのがキリスト者ではなかったかと思いなおしたいのです。主が泉教会に必要とされて、あなたをここに置かれたのです。主から招かれたので、ここにいるのです。

出発に当たって聖書のみことば。「これらの小さな者を一人でも軽んじないように気をつけなさい。・・・これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない。」マタイ18:10~14

先ほど堰姉に「主イエスの歩いた道」という歌をうたって戴きました。

主イエスの歩いた道、なつかし/主が立ち止まった小さい道、今、私は立ち、主をおもえば/主は、今もそこで私を待つ/なつかし貧しいベツレヘムよ/幼い主イエスの歩いた道/ガリラヤの丘よ、ナザレの野よ、カルバリの丘よ、十字架の道よ/主のひざまずいたゲッセマネの丘、私も祈れば、主への思い、胸に溢れ来る/十字架の道、カルバリの丘を私も登れば、主が、私のため死なれた道! 主イエスの歩いた道、なつかし!

主イエスの歩いた道を、私たちもまた、ただひたすら歩いてきた。15年を振り返って、もう少し体力があったら、いろいろ思うところはありますが、しかし主イエス・キリストがここを歩かれたのだ、これでよい・・・、これでよい・・・、という気持ちです。
「これらの小さな者を一人でも軽んじないように気をつけなさい。・・・これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない。」 ここで「軽んじる」とは、無視したり、上から目線で見下げたり、ということです。あなたはそうしてはいけない、というのです。
そこで、次のように語られるのです。ある人が羊を百匹持っていて、その一匹が迷い出たとすれば、九十九匹を山に残しておいて、迷い出たその一匹を何としても捜しに行かないだろうか。どうでしょうか、九十九匹を野原に残して、迷い出た一匹を捜しに出かけて行くということは、常識的なことでしょうか。しかし、これが神のなさることだと言うのです。この一匹とは、主イエスにとってかけがえがない人間一人を意味しているからです。

きょうのたとえ話は、ただの「たとえ話」で終わりませんでした。主イエスという一人の方において、出来事となった。主イエスが十字架の上で死なれたのです。主イエスは、私たちを滅びから救い出すために、十字架に死んでくださったのです。「迷い出た」者を罰したり、見捨てたりすることは簡単です。しかし、神は、主イエスを遣わして、「小さな者」、無理解な者の一人でも滅びてはならないと、「小さな者」の中に永遠の価値を見ておられるのです。神は、主イエスの命を代わりにしても惜しくない、そういう価値を、「小さな者」一人の中に見てくださっているのです。迷い出たその一匹とは、神の御心を知らず、勝手に行動する、私たち自身にほかなりません。

一人を大事にする主イエスの歩いた道を、私たちも歩くように招かれています。私たちの歩く道は、このほかにはないのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-09-30 21:09 | Comments(0)