「15周年 思い出に残る出来事」

泉教会の15年間を振り返って思い出に残る出来事

◎司会者:
泉教会の15年間を振り返って思い出に残る出来事を伺っていきたいと思います。

◎潮 田:
泉教会の15年間を振り返って思い出に残る出来事は、たくさんあります。

まず、この家との出合いです。当初、湘南台からいずみ野辺りまで、貸してくれる家がないかと歩き回って探したのです。不動産屋から回って来る情報だけでは、駄目です。歩き回って「これだ」という所を見つけないといけない。とりあえず、大きな道路沿いの、目立つ所に欲しいと思ったのですが、願いを満たす物は、なかなか、ありませんでした。不動産屋から貰ったいくつかの情報の中に、この家の情報は早くからありましたが、住宅地の中で駄目だと思っていたのです。あまりにも物件が出てこないから、「しょうがない。一度、見に行こうか」と来てみたら、意外と、玄関がそれほど狭くない。「これだったら、何とか使えるかな」と思いました。家主さんがその時、色々荷物を整理していたのです。「是非、ここを借りたい」というお話をして、ただ、自分たちは宗教法人なので、会議を通すまで、すぐには決断できない。しかし、私としては借りたいと言って帰ったんです。そうしたら電話が掛かって来て「今すぐに借りたいという人が出て来たんです。どうしますか?」と言うのです。そちらは普通の家族です。かたや宗教法人で、家を借りても誰が集まるか分かりません。決まるのも1カ月位先です、と言ったのです。皆さん、普通だったら、どちらに貸しますか?今すぐと言っている普通の家族に貸すのが、無難なところです。でも、家主さんは言うのです。「3日前に潮田さんと会ってましたから、どうしますか?」「是非、借りたいです」「分りました。じゃあ、1か月待ちましょう」と言うのです。普通の人に貸すのではなく、訳の分らない(笑)宗教法人に貸す方を、この大家さんは選んだのです。不思議でしょう? そういう方との出合いが、記憶に残ることの第一です。

第二に、家の改築のことがあります。当初は和室とリビングとがL字型になっていました。柳瀬さんの最初のコンサートの時は、そういう状態でした。それが、借り始めてから2年後、今度は購入することになって、だから、改築できるようになったのです。改築後、今のような状態になって、それはもう大感動でした。改築が終わったあとの土曜日、今のように椅子を並べて、そこにずっと座っていました。「明日、ここで礼拝が出来るんだ」と、すごく嬉しかったです。(続く)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-09-05 21:28 | Comments(0)