「15周年 泉教会の誕生について」

過日、15周年記念誌を作るにあたって、長老たちの座談会が記念誌の委員によって開催されました。いずれ記念誌に載せられるのですが、私の述べた部分について、ブログでも載せて行こうと思います。

泉教会の誕生について

◎司会者:
初めに、泉教会はどのようにして誕生したのでしょうか?

◎潮 田:
1996年11月のさがみ野教会教会員総会で、私は開拓伝道のために同教会辞意を表明。その後、1997年2月の中会会議で、私の開拓伝道願いが承認されて、伝道委員会と共に開拓の拠点を探すことになりました。
湘南台、高倉といった小田急線の東側から、横浜市泉区飯田町、及び和泉町までの調査を進めた結果、調査と言っても同時に開拓用のチラシを配布しながらですが、歩き回って、いずみ中央駅周辺にポイントを定め、そして、今の家と出合ったわけです。8月の臨時中会会議で、ここに伝道所設置を承認してもらい、「いずみ伝道所」としました。当時は「いずみ」と、ひらがな標記でした。あとで横浜いずみキリスト教会という教会があるのに気づいて、私たちは漢字にしたのです。だから皆さん、発音するときは、漢字で発音してくださいね(笑)。

ついでに地域選定の理由を言いますと、以下のようなことがありました。
・中会内の複数教会の支援が得られる(可能性のある)地域である。
・潮田牧師の願いである郷里伝道の範囲(同じ地域性)である。
・湘南台には1998年に相鉄いずみ野線(二俣川~湘南台)が、また、1999年には横浜市営地下鉄一号線(あざみ野~横浜~戸塚~湘南台)が接続するため、今後、発展が期待される地域である。
・伝道所が置かれる住宅地(約6000戸/半径1キロ)周辺には農地が広がっているが、通常、チラシ配布などの活動はこの1キロの範囲で行われると思われる。さらにブランチ方式等の伝道形態を組み合わせて、他の住宅密集地域との接点を持つことができ、この地域に合う伝道の形を作ることができる。→ これが今の「心を聴く市民ネットワーク」です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-08-30 19:58 | Comments(0)