「女性の集い」

森祐理さんをお招きして、中会女性会が開かれた。前半は通常のプログラム。後半が1時間半のコンサート。森祐理さんのすばらしい歌と、心から溢れる信仰の証に、素直に感動、涙が溢れた。会場も、テアトルフォンテで良かったこともあるが、この方はすばらしい賜物をお持ちだと思った。
今回、会場教会として会場を準備したり、プログラム準備、前半は司会者を立てるなど、トラブルもあっていろいろ大変であったが、すべてを感謝して閉じることができた。

録画はないが、以下、「君は愛されるため生まれた」。雰囲気の一端がわかるYouTube そしてサインが終わってそこにいたスタッフと共に1枚。(ぼやけているのはわざとでなく、携帯で撮ったから。でもちょうどいいですね)



f0086426_756321.jpg


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
Commented by ミリアム at 2012-05-18 12:00 x
私も、涙があふれました。

証の中で、ブラジルでのコンサートのエピソードを
話されましたね。
演奏に全く反応しなかった車いすのご婦人が
「主 我を愛す」を聴いた途端に、劇的な反応をされたと。
かの地で女性牧師として献身されたこのご婦人には
この讃美歌が、まさに
「魂に刻まれた讃美歌だったのです」
と、祐理さんは表現されました。


讃美歌を魂に刻む、そういう信仰生活を
送れるようになりたいと思いました。
Commented by rev_ushioda at 2012-05-18 16:50
アーメン!
by rev_ushioda | 2012-05-17 07:14 | Comments(2)