「健康がちょっと遠のく感じ」

結局、私の神経痛は収まっていないわけで、
3月27日 内科受診。痛み止めの薬「カンファタニン」と湿布薬を処方
4月27日 ペインクリニック受診。「リリカ」2週間分処方
5月16日 整形外科受診。レントゲン、異常なし。1週間後にMRI検査予約。「リリカ」1週間分処方
という経緯である。薬を飲んでいるときは、痛みが来ないので安心していられるが、薬が切れると、急に不安になる。痛みが来ないようにと、恐る恐るの行動しかできない。予期不安だ。痛みは、気持ちを支配するようである。外部からの依頼を受けていた青山学院大学と和泉短大での二つのチャペル説教をお断りした。
さて、神経痛と共に例によって風邪もひく、歯の治療も再開、胃も張っている感じが抜けず、このところ頻繁に病院通いである。健康がちょっと遠のく感じがする。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
Commented at 2012-05-18 09:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rev_ushioda at 2012-05-18 16:48
そうですね、お世話になれる方が近くにおられ、いつでも飛び込んでいくことができます。今はまだ行っていませんが。十字式はとりあえず妻が行っているので、一緒に行くようにしました。リリカで痛みを抑えているだけでは、何も解決しませんよね。
Commented by ヨッシー at 2012-06-02 10:01 x
はじめまして。歩く旅から来ました。健康が早く回復するといいですね。私も、左手人差し指、ただ1本の関節炎で、困っています。指一本でも痛いものですね。さて、私は明治時代のお雇い外国人の興味があります。特に横浜居留地での資料を探しています。先生は横浜在住でいらっしゃいますよね。何かご存知のことがあれば、ぜひ教えていただけないでしょうか。趣味の範囲なので、軽いエピソードなどを集めています。それでは、またよらせてください。
Commented by rev_ushioda at 2012-06-02 21:19
ヨッシー様
お気遣い、心からありがとうございます。今のところ、原因不明で、薬を飲んでいるのに、痛みます。痛みの場所も、また痛み方も、変化してきています。左脚だけなのですが、これによって、楽しみにしている中山道も、大山道も、ことごとく断たれています。(ガッカリ)
さて、「お雇い外国人」ということですが、横浜にいるから詳しいということはありません。しかし調べてみて、何か、耳にすることがあれば、お知らせしますね。
Commented by rev_ushioda at 2012-07-03 16:36
ところで、「お雇い外国人」というと、政府から呼ばれて日本に来た外国人、たとえば英語とか音楽の教師というような立場の人、でしょうか?今頃になって、こんな質問ですみません。
by rev_ushioda | 2012-05-18 06:54 | Comments(5)