「ペインクリニック=痛みの専門外来」

困って周りに相談したら、いろいろ情報を寄せていただいた中に、標題のような科目がある病院が近くにあることがわかった。
その病院のホームページには、以下のように説明されていた。「頭の中は痛みのことでいっぱいになり、心もふさぎ込み…」。 なるほど、この1週間、そのとおりに推移していると思った。本当にふさぎ込む前に ^^; さっそく受診してみよう。

以下、病院の説明文。
ペインクリニックという言葉を聞きなれない方もおられると思います。
整形外科疾患による痛みから、神経痛、頭痛など、痛みを伴う病気全般を専門に治療する科です。
また、痛みだけではなくしびれ・自律神経の異常や麻痺を伴う病気も対象になります。
痛みのメカニズムは複雑で、慢性になればなるほど、治療も難しくなります。
痛みが続くと、血管が収縮して循環が悪くなり、さらに痛みが増強するという悪循環に陥ります。
頭の中は痛みのことでいっぱいになり、心もふさぎ込み、より痛みに過敏になります。睡眠や食欲に影響およぼすことにもなります。
また痛いところを動かさなくなることによって筋肉の萎縮がおこり、日常生活にも支障をきたすことになってしまいます。
当院では、麻酔科医として多くの急性痛、慢性痛の治療に携わってきた経験を生かして、まずはお話を伺い、患者様の症状やご希望に応じて、神経ブロック、内服薬、リハビリテーション療法を組み合わせ、痛みを緩和して、本来備わっている自己回復力を引き出し、痛みのない快適な生活を過ごせるようサポートいたします。
さらに、高度な神経ブロック療法や入院が必要な場合は、横浜市大付属病院、NTT関東病院(ペインクリニック科)にご紹介しています。


27日(金)後日談

さっそく、ここの病院に行って来た。同じ痛み止めでも、神経専用のものがあるとのこと。これを服用して経過を見ましょう、ダメなら神経ブロックにしましょう、とのこと。痛みに対して閉口、気が滅入っていたから、これに対応してもらえるって、うれしく、ありがたかったなあ… 

28日(土)そのまた後日談
 
温泉は神経痛に良いと聞いていたので、連休を利用して温泉に行こうと計画していた。が、もともとのどの痛みなど不調ではあったが、今日になっていよいよ熱が出てきた… 箱根の連泊も、ついにキャンセル。中山道初ウオークも、温泉も、皆、キャンセル。明日の礼拝も、危ないことになってきた。サイアクの状況だ。

5月1日(火)
主日は、朝の礼拝、夕礼拝と、何とか切り抜けた。朝、38度越えていた熱も下がった。痛みも来なかったと思ってほっとした。が、昼食後、最後の数人がお茶を飲んでいるところで、座った瞬間、パシッ。「ウッ」 結局、心配をかけてしまった。まだ、薬の効果はなかったらしい。その痛みを止める「リリカ」という薬は、眠気を誘発するらしく、その後、今週は休暇を取っているからいいものの、月曜日、火曜日と、ひたすら眠り続けている。その後、薬の効果は… 眠っているから、さしあたって効いているのかどうか、わからない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
Commented by ミリアム at 2012-04-26 23:50 x
そうですね。
お近くであればなおのこと、すぐに受診されて
まずは痛みの原因が特定されるといいですよね。

痛み(それも走る、と表現されるほど)は、本当につらいですね、
生活の質を極端に落とします。

きょうの先生の、教会のお玄関での姿勢を拝見して
本当におつらそうでしたので、案じております。

すべてが、益とされますように。
Commented by 海二 at 2012-04-27 09:15 x
潮田先生、お大事に。私は眼瞼痙攣のために、最初NTT関東病院のペインクリニック科に導かれて、それから定期的に注射を打つようになりました。痛みや痙攣にいいと思います。
Commented by rev_ushioda at 2012-04-27 22:32
ありがとうございます。ペインクリニックが、教会から近いところにあることを教えてもらい、助かりました。動くと痛いからじっとしている、まさに「心がふさぎ込む」直前でした。
病院から出て信号で待っている時に、そこで痛みが走り、座り込んでいると、「信号、青ですよ…痛むんですか、救急車、呼びましょうか?」と声を掛けてくれた方にも、ありがとう。
by rev_ushioda | 2012-04-26 16:23 | Comments(3)