「プチ休暇-景色の見方」

今週、やっとのことで少し余裕が出来た。今だ・・・と、土曜日になって、目をつけておいたホテルに「じゃらん」から予約。
今回は、箱根は雪が心配なので、温泉ではないけれど、江ノ島にした。と言っても、江ノ島の中は、高くて無理。江ノ島が対岸に見える、国道沿いのプチホテル。例によって、夕礼拝が終わってから行ったので、到着は、夜9時過ぎ。窓の外が江ノ島の海岸で、向かいに江ノ島。灯台がライトアップされている。一度、泊まってみたかった場所だ。忙しかった日曜日の疲れがいやされていく。
翌日は、二人で江ノ島水族館へ。子どもがいない、二人だけの水族館って、妙な感じだね。もう、自分の世界だ。水槽に見入って動かず・・・ こうして、昼過ぎに帰宅。プチプチ休暇であった。

写真は、窓から見る江ノ島。窓の下は国道だが、視界に入らない。二重サッシで、音も気にならない。海は、いいね。
今、コメントへの返信を書きながら思ったのだが、同じ景色でも道路をせわしく歩きながら見るのと、部屋に入って落ち着いて窓越しに見るのとでは、同じ景色でもずいぶん違うのだ。フレームの中で、まるで、高級絵画のようにも見えてくる。問題が多い日常の「景色」も、そのように客観的に見る見方が、きっとあるのだろう。歩き回って見るのではない、別の方法が。そうしたら、景色はずいぶん違うことだろう。このように数ヶ月に一度のささやかなプチ休暇も、街道を歩く旅も、まさにそういう意味での違う景色を見るためのものである。
f0086426_215949.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
Commented by ミリアム at 2012-02-01 09:25 x
おぉ!

このアングルは、別荘からのオーシャンビュー


と、みまごうばかり!!
Commented by rev_ushioda at 2012-02-01 15:17
^^;
そ、それほどでも・・・
しかし、確かにいい感じですよね。同じ場所でも、外で見るのと、くつろいでいる部屋から、窓越に見るのとでは、ずいぶん違いますね。
by rev_ushioda | 2012-01-30 22:00 | Comments(2)