「不安病」

不安病について、NHKの「あさイチ」で取り上げていた。
朝の忙しい時間であったが、思わず見てしまった。最後は孫のじゃまが入ったが、バンジージャンプに挑戦したときの普通の人と、寺の住職との心拍数の比較が、なるほどと思うところであった。直前の5分間、騒ぐ心を何とか落ち着かせようとしたのが「普通の人」。川の音を聞いていたのが、住職。そこで、話は「客観視」というテーマに移って行った。
状況を客観的に見ることが大事なことだと、認知行動療法に触れられていた。自分自身と川の音(周りの状況)をそのままに受け止める作業が大事なんだと、私自身が今までしてきたこと、時には自分自身が心理的な異常を感じて心理クリニックにも行ったこと(・・・十年前、ごく初期で気づいたので良かったがカウンセリングを受けるのに・・・十万円もかけた)、こうしてここまで何とか無事に来たことを、はからずも振り返る番組であった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-01-25 09:39 | Comments(0)