「母 受洗」

93歳の母が、息子の私から洗礼を受けた日。
私から見れば、つたない、かろうじて辿り着いたような信仰。
いや、その信仰もあるのか、ないのか・・・
洗礼を拒まず、勧められるまま、喜んで受けたことが、信仰の告白かと。
仲間の信仰によって運ばれるとは、こういうことかと実感。
えも言われぬ不思議な思いになったこの日。

f0086426_17222380.jpg


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
Commented by ミリアム at 2011-12-20 00:09 x
つたない、 かろうじて辿り着きました、
私も。

辿り着くまで半世紀の時間を、神さまはご用意してくださいました。


それにしましても、なんてすてきな壁紙でしょう!

Commented by 海二 at 2011-12-20 12:00 x
おめでとうございます。
素晴らしいクリスマスですね。
Commented by rev_ushioda at 2011-12-20 19:41
お二人からのコメント、ありがとうございます。考えてみれば、皆、つたないままに受け入れられたのですね・・・
私の60歳の年は、3.11で揺さぶられ、そして母受洗で感謝のうちに閉じようとしています。すべて、御心のままに。
Commented by nabucco at 2011-12-24 12:26 x
遅れましたが、お母様の受洗、おめでとうございます。神様のなさることは時にかなってうるわしいと思わされます。最高のプレゼントですね。共に居合わすことができなかったのが残念です。
Commented by rev_ushioda at 2011-12-24 13:15
関係者の皆さんを、こういう時にお招きしたかったですね。でも、どなたも来れないでしょうけど・・・
by rev_ushioda | 2011-12-18 23:22 | Comments(5)