「花も」

昨年の三浦サマーキャンプで、子どもたちが繰り返し歌ったうた、それは「花よ」であった。そのあとから子どもたちが次々と洗礼を受けているので、今、この歌を礼拝で歌っている。主を待ち望む、とてもよい歌だと思う。

「花も」

ここに泉はわく 涙を過ぎるとき
やがて実をむすび 笑いごえに満ちる

花も 雲も 風も 大海も
かなでよう かなでよう イエスを
空にひびけ 歌えたましいよ  
恵みを 恵みを 恵みを

(私たちの礼拝では、「かなでよう」は「たたえよう」と変えている)


仰げ 天は開き  ぼくらは見るだろう
やがて花は咲き 栄光の主がこられる

花も 雲も 風も 大海も
かなでよう かなでよう イエスを 
空にひびけ 歌え たましいよ 
恵みを 恵みを 恵みを 



にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
Commented by Nao at 2011-11-30 00:53 x
またまた久し振りになってしまいましたが…。
素敵な歌ですね。初めて聞きましたよ。「泉」という言葉が入っているのも、取り上げている一つの要因なのかなぁ?なんて漠然と思った私です。
先生、どうかお体に気をつけてこれからの季節を歩まれて下さいね!
Commented by rev_ushioda at 2011-12-01 00:37
こんにちは。あれ、初めて? もう希望ヶ丘教会ではよく知られた歌かと思いました。いい、歌です。
Commented by 腹辺 誠 at 2015-10-10 23:55 x
このビデオの撮影者です。
取り上げていただき、ありがとうございます。

「かなでよう」より「たたえよう」の方が良いですね。
Commented by rev_ushioda at 2015-10-19 18:04
詩も入っていて、よいビデオでした。ありがとうございます。
(今、気づきました。まず、ご了承を求めるべきでしたね。
事後になりましたが、ご寛容を感謝します。)
by rev_ushioda | 2011-11-15 23:13 | Comments(4)