「仮想現実」

テレビを見ていたら、ドキュメンタリーで、いわゆる「性依存」のことを放送していました。ネットを通じて知り合った男性との関係を転々とする。いわく、だれかに必要とされていたいのかな、と。性を媒介として孤独感を解消する仮想空間を作る、一種の仮想現実です。ゲームセンターに行くと、昔から、たいていどこにでも車を運転するゲームがあります。テレビ画面上に車のコースが映し出されています。テレビの前にある車のハンドルやレバーを操作すると、画面上の車を自分が運転しているような感覚で、画面が動いていくのです。今の言葉で言うと、仮想現実というものです。
同じようなもので、画面上の人物になれる、ロールプレイ・ゲームというものがあります。こちらが考えた動きがそのまま画面上の人物に反映され、そしてドラマが展開していくというゲームです。多くの場合は、非常に暴力的なゲームであり、またある場合は、人間は何度でも復活します。
こういう、仮想現実の世界に入り込んでいくときの危険性について、今、問題になっています。以前、飛行機の機長が殺されたハイジャック事件がありましたが、犯人は、テレビ画面上で何度も飛行機を操縦したから、本物も操縦できると思い込んだようです。そして何百人もの命を危険に陥れただけでなく、実際、機長の命を奪ってしまったのです。仮想現実によって、目の前にある現実との区別がつかなくなってしまい、命に対する感覚も麻痺してしまったのです。

ところで、聖書の中に、平和がない状況にもかかわらず、手軽に平和、平和と言いふらす人々があったとあります。平和であってほしい、という願いに対して、手軽に、平和、平和と言う。いわゆる、こうした仮想現実の世界を持ち込むのは、私たちの得意とするところでしょうか。人から相談を受けたとき、保証もないのに大丈夫だよ、と言います。あるいはその人の現実ではない私の経験を持ち出して、それはこうしたらいい、とアドバイスする。現実のその人と向き合っていない、仮想現実を提供しているだけの会話を、私たちも平気でしているようです。こうしたアドバイスされた人は、いつまでたっても現実に立てないままとなります。
聖書は、私たちの現実に立った話をしようとしています。あなたも泉教会においでになってみませんか。心から歓迎いたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-11-20 22:52 | Comments(0)