「残りの人生が期待する」

アウシュビッツといえば、誰も一度は聞いたことがあるでしょう。第二次世界大戦の時、ヒトラー率いるナチスドイツが、罪もないユダヤ人を強制収容し、600万人もの人々を虐殺した場所が、アウシュビッツです。ここで生き残った人はきわめて少数ですが、その一人に、ビクトール・フランクルという人がいます。フランクルの家族は収容所で餓死、または毒ガスで殺されますが、フランクル自身は、強制労働と極度の栄養失調によく耐えてこの収容所から奇跡的に生還したのです。この人は精神医学者でした。それで後に自分の体験を書いた本を出版しました。「強制収容所における一心理学者の体験」という本で、日本では「夜と霧」という題で知られています。そこでこう言っているのです。「助かる見込みがない状況の中では、残りの人生に何か期待できるものを探してみても、絶望しか発見できないだろう。考え方を変えてみよう。私が、残りの人生に何かを期待するのではなくて、残りの人生が、私に何かを期待しているのだ。」

残りの人生が、私に何かを期待しているのだ。それによって、死に向かう苦しみの中でさえ、なお生きる意味を見出すことができる。残りの人生が、私に何かを期待しているのだ。それによって、苦しみと前向きに向き合って、苦しみを背負って生きることもできるようになる。そう言ったのです。

残りの人生が、私に期待している。言い換えましょう。神が、私の残りの人生に期待し、神が、私の残りの人生を必要としているということです。聖書の言葉。「起きよ。光を放て。あなたを照らす光は上り、主の栄光はあなたの上に輝く。」栄光は君に輝く。何か高校野球の歌みたいですが、本当にそうなのです。主なる神は、あなたの残りの人生に光を照らし、あなたの残りの人生を必要とされています。今、どんなに苦しくても、どんなに困難があっても、神はあなたを期待している。今日は、あなたの残りの人生の初めの日なのです。あなたに、神の平和がありますように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-09-18 06:26 | Comments(0)