「被災地で花火大会」

東日本大震災で大きな被害を受けた被災地10個所以上で、きのう、花火が打ち上げられたと、ニュースが流れた。プロジェクト名「LIGHT UP NIPPON」。このプロジェクトは、震災後、東京では次々と花火大会の自粛が決定する中で、東京の若者たちが、その花火を被災地を元気にするために役立てられないだろうかという思いから、計画されたものだという。打診を開始したのは、被災1ヵ月後。被災地ではどこも、そんな気分ではないと断わられる中で粘り強く交渉して、実現に至らせた。
本来、花火は、「追悼」の意味があったとテレビで報道されていた。そうだったんだ・・・

被災地、多賀城でも打ち上げられたそうだ。Hさん、花火を見ましたか? 花火を見て涙が出たのは、私は、初めてでしたよ。
f0086426_10125948.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-08-12 09:58 | Comments(0)