「講演会」

「雨のイメージから人の心を考える」という講演会を、心を聴く市民ネットワーク主催で行なった。講師は、聖学院大学大学院准教授である藤掛明先生。
「…あなたの雨にまつわる思い出には、どんなものがあるだろか。大切な日ほど、そして、かけがえのない場面ほど、そのときに雨がふっていたということはないだろうか。…雨のイメージを辿り、味わい直すことで、その人の心の動きが見えてくる。あなたは雨のなか、歯を食いしばって進む人だろうか、雨足を眺めながら雨宿りをする人だろうか。」 なかなかユニークな内容で、ワークを含め、特に雨の中を突破するイメージから、頑張ることについての指摘は、興味深かった。

キリスト者でもある先生の講演は、雨をテーマにしていることや、語り口調が平易で、とても良い講演会であったと思う。近隣の教会の牧師、教会員も、参加してくださった。また、このテーマへの関心か、心を聴くということへの関心か、横浜ケーブルビジョンの取材が入った講演会は、参加者55名。通常30人であるので、今までになく盛況であった。

なお裏話であるが、私は先生との面識がないので講演依頼の連絡先がわからず、苦肉の策、ブログのコメント欄から入って、大変失礼であったにもかかわらず、快くお引き受けいただいて、先生には心から感謝。

もう一つ、これは後日談。
翌週のこと。教会に車椅子を利用される方がおいでになり、帰りは40分ほどの道をご一緒することにした。雲行きが怪しく、夕立が来そうな嫌な気配だったが、案の定、途中で突然ものすごい土砂降りとなってしまった。逃げるまもなく、とはこういうこと。そのまま、そこに立ち尽くすしかない、ものすごい降り方であった。電動車椅子なので、濡れてショートでもしたらいけないと気がかりで、傘はその方の上に、、、となると、いきおい濡れるしかないわけで、あのような「ずぶ濡れ」の経験は、私にとって記憶がある限り、初めてであったかも知れない。目の前が川になった。土が流され、茶色の水が勢いよく流れていく。下水マンホールから水が吹き出る。仕様もなく、その場に立ち尽くし、ひたすら豪雨が去ってくれるのを待つしかなかった。
さて、講演会のチラシには、こう書いてあった。「…あなたの雨にまつわる思い出には、どんなものがあるだろか。大切な日ほど、そして、かけがえのない場面ほど、そのときに雨がふっていたということはないだろうか。…」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-06-25 10:00 | Comments(0)