「信仰街道」

私たち夫婦は、「旧東海道」を少しづつ、京都に向かって歩き始めて、4年になります。こうして歩きながら思うことは、先に目標があるということは楽しいという、その実感です。街道の全体を見て、今いる自分の位置を確認するのですが、後ろを見ると、そこにいろいろな足跡が残されている。そして先を見ると、未知の世界が広がっている。この街道に立つと、後ろも楽しい。前も楽しいのです。
さて、私たちは信仰において「神の都」を目指す旅人です。この信仰の街道に立ち、そこで過去を、現在を、未来を語ることができたら、何と楽しいことかと思います。時々は、後ろ(過去/歴史)振り返ります。そして自分の位置を確認し、また前を見て、先に進みます。信仰の街道のガイドブックは、聖書ですが、この場合はあえて「信仰告白」としてみましょう。ガイドブックを大事にしないと、同じところに立ち止まってしまいます。人と話すとき、いつも同じ関心で、いつも同じ話しか、しなくなります。この信仰の街道は豊かな発見を伴う、わくわくしたものなのに、ガイドブックを持たないと、信仰の街道の全体が見えず、いつも同じ関心で、同じ話しかできなくなります。
自分を振り返って、どうも同じ関心が脳裏から離れず、また、同じ話を繰り返していると思うなら、要注意です。聖書全体は、創造、人間の罪と希望、社会のあり方、恵みの契約、教会、聖霊、終末など、あらゆることを語っていて、全体のバランスがとれていて、信仰という豊かな、わくわくした街道を作っているのです。しかし、そこでいつも同じ景色になっていたとしたら、つまり、いつも同じことを言っているとか、聖書を読むとき、読みたくない個所が(読みたい個所が)いつも同じであったとしたら、そこがあなたの関心のありどころです。時には、それは良いものであるかも知れません。しかし、1年経っても、まだ同じところに留まるとしたら、何かの偏りがあるかも知れません。「信仰告白」は、信仰街道のガイドブックです。「信仰告白」を手にしながら、神の都を目指す信仰街道の全体を見て、わくわくしたこの街道を、神の都を目指して、ぜひ一緒に歩きましょう。(できたら、東海道も一緒に!)

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-05-30 13:27 | Comments(0)