「病床聖餐」

礼拝に来れなくなった方のために、教会をその家に持っていく、それが病床聖餐である。
実のところ、教会とは礼拝堂のことではない。主イエスの名によって集まる仲間がいるところ、つまり、説教と聖礼典が行なわれるところが、教会なのだ。思いがけない人数となって、幸いなときを持つことができた。健康が回復することはないと、誰もが知っている。「アメイジング・グレイス」を歌う。聖餐を受け取る。もう、御国さながらである。

f0086426_10391932.jpg

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
Commented by ミリアム at 2011-05-27 09:43 x
たった今、私は写真の中に見つけたのです。
K姉妹の左手が、牧師と、高く、しっかりと、結ばれていることを。
(え?遅い?私らしいですね)

この日は、講談師の語る「聖書物語」の、半月以上も前の日だった。
私は主の御手を思わずにはいられません。
Commented by rev_ushioda at 2011-05-29 07:10
あえて小さめの、画質を落とした写真にしています。気づきにくかったのでしょう。
by rev_ushioda | 2011-05-01 21:59 | Comments(2)